FC2ブログ

~*~大大列車は行く~*~

狭く、浅く好きな洋楽のことを書いています。 Big Big Trainの情報の更新をしていきます。
MENU

David Longdon、The Tangentの新譜に参加

これはもっと以前に発表されていたことですが、Andy Tillisonのバンド、The TangentにDavid Longdonがヴォーカルパートでゲスト参加することが決まっています。

詳しくはThe Tangentのオフィシャルサイトで。
The Tangent

The Tangentは、様々な理由でバンド解体してしまったので、このメンバーは暫定的なものでしょう。
新譜のLE SACRE DU TRAVAILは、現在制作中。

ほかに、Jakko Jakszyk、Theo Travis、Gavin Harrisonの名前がクレジットされていますね。
Theo Travisさんは、ジャズ系の人ですが、The Tangentだけでなくプログレ界でも活躍されていますね。

のち、2013(4)年にリリースされました。↓
LE SACRE DU TRAVAIL

スポンサーサイト



Cosmografの新譜にGreg Spawton参加

2013年1月リリース予定のCosmografの動画がアップロードされています。タイトルは 'The Man Left in Space'

Cosmografというのは、Robin Armstrongによるプロジェクトなわけですが、今回の新譜にはBig Big TrainのGreg Spawtonがゲスト参加しています。

YouTubeの動画です。The Vacuum That I Fly Through



他にクレジットされているのは、Nick D'Virgilio, Matt Stevens, Dave Meros, Simon Rogers, Lee Abraham,
Steve Dunn, Dave Ware.

プロデュースはRob Aubreyです。

期待できそう。


English Electric Part Two

今年、EE Part OneをリリースしたBig Big Trainですが、来年3月4日に
Part Twoをリリースする予定です。

アルバムカバーもすでに決定し、1月18日からPre-Orderが始まるようです。
Part OneではMatt(Matthew) Seftonが手がけていましたが、今回も同じ人っぽいです。

The Underfall Yardからアルバムに参加しているDave Gregory(ex-XTC)のインタビューがYouTubeにあります。



YouTubeの動画

今年9月3日にリリースされたBig Big Trainのアルバム、English Electric Part OneからYouTubeにアップされている動画をいくつかご紹介します。

まず、この曲。Judas Unrepentant



Nickのドラムスから始まり、Andy Tillisonのオルガンが光ります。
テーマとなっているのは、Tom Keatingという贋作家で、彼が好んで描いたレンブラントの絵画のタイトルからヒントを得て、曲名としたようです。

あと、最後の曲。この曲はUncle Jackとも関連づけられている曲です。メンバーによると、60年代っぽい、ビートルズのような雰囲気を出したかったそうです。コーラスワークが見事で、中間部でジャックおじさんが飼っていた犬のPegを呼ぶ声、それに続いてヴァイオリン・ソロが入り、さらにコーラスが続きます。最後はブラスセクションが加わり、サビのコーラスに加えてバッキングコーラスを収録するという構成。ワンちゃんが吠える声も使っていてお見事!

Hedgegrow





そのUncle Jack。David Longdonの叔父で、炭鉱夫をしていました。イギリスでは石炭の採掘作業が長い間盛んで、石油の前には炭鉱町があちこちにあって、家族代々その仕事をしていた時代があったようです。A Boy In Darknessも学校に行けないため、読み書きができず、炭鉱で石炭を採掘していた少年のことをテーマにしています。
Uncle Jackは、ほのぼのとした、牧歌的でフォーキーな一曲です。このアルバムの曲は、A Boy In Darkness以外は、全体的に明るいトーンの曲ばかりかなと思います。




Progressive Rock Album of the Year 2012(英欧)、投票開始

アメブロに書いた記事をちょこっとアレンジして、こちらにアップしてみました。
あと2012年も1カ月足らず。早いなあ。。。この時期に始まるのが、2012年のベストアルバムを選ぶ投票です。よく知られているのが、Dutch Progressive Rock PageのPoll(DPRPoll)ですが、まだ始まっていないようですね。ほかに、プログレ系のネットラジオでも投票をやっています。The European Perspectiveとか、Aural Moonなどがあります。

今日はそのうちThe European Perspectiveが行っていて、12月末に結果が発表される投票をご紹介します。

2012年のアルバムリストがあらかじめ示されていて、そのなかから5点を選ぶというものです。(聴いてないモノも多いので、自分の好きなアルバムを入れちゃいましょう)そのリストにないアルバムを聴いて選びたいのなら、それもOKです。ただし、同じアルバムばかり選ぶのはダメ、異なるアルバムを5つ選んで投票します。

リストはこちら
Album List

Electric Garden Festivalというフェスとも関連しているようです。

投票はこのサイトから
Progressive Rock Album of the Year 2012

対象になっているアルバムは英国とヨーロッパのアルバムのみです。2010年に初めてこの番組を聞いて、そのときGaspachoやAnathemaを知り、かなりハマってしまいましたo(^-^)o 投票期限は12月12日(日本時間だと13日頃かな)までです。ネットで簡単に投票できるので、関心のある方は投票してみてください。私はBig Big Trainには一票いれたいですね^^)もう、5つ投票しちゃいましたが^^

番組はこちらのサイトでも聞けますし、Podcastで無料で聞くことができます(iTunesでThe European Perspectiveを検索すると、検索できます) 英語ですが、ネットラジオなので、曲を流すのが中心ですね。
The European Perspective

アメリカものとか、メタルのベストアルバムなどもありそうです。WDは、確かジャンル別の売り上げベスト10をやっているし、自分だけのベストアルバムなんて考えるのも楽しいですね。

該当の記事は見つかりませんでした。