FC2ブログ

~*~大大列車は行く~*~

狭く、浅く好きな洋楽のことを書いています。 Big Big Trainの情報の更新をしていきます。
MENU

Cosmograf、The Man Left In Space

今年2月5日にリリースされたCosmmografの4thアルバム、The Man Left In SpaceをBandcampで試聴&ダウンロード購入できます。
Cosmograf/The Man Left In Space

Robin Armstrongのソロプロジェクトで、いわば宅録ですが、なかなかよい出来です。

ほぼどの楽器もRobin Armstrongが演奏しているのですが、ドラムスにNick D'virgilio、あとベースが曲ごとに違いますね。
Dave Meros(Spock's Beard)、Lee Abrahama(The Lee Abraham Band)、Greg Spawton(Big Big Train)、
Steve Dunn(Also Eden)がベースで参加しています。

トラック4はGreg Spawtonがベースです(^^
また、トラック6で、Luke Machin(Maschine.The Tangent)がギターを弾いています。

スポンサーサイト



幻のデビューアルバム、From the River to the Seaが聴けた!

Big Big Trainのデビューアルバムは、一般にはMartin Orford(ex-IQ、John Wetton Band、ex-Jadis)によってプロデュースされ、Giant Electric Pea(GEP)から94年にリリースされたGoodbye to the Age of Steam、となっていますが、それ以前にデモ盤のCDが2枚あります。

・1992 From The River To The Sea (demo)
・1993 The Infant Hercules (demo)
---
・1994 Goodbye to the Age of Steam (2011年にリマスター)
・1997 English Boy Wonders (2008年にリマスター) 
・2002 Bard (おそらく廃盤)
・2004 Gathering Speed (2009年にリマスター)
・2007 The Difference Machine (2010年にリマスター)
・2009 The Underfall Yard
・2010 Far Skies Deep Time e.p.
・2012 English Electric Part One
・2013 English Electric Part Two 3月4日にリリース予定。

92年と93年のアルバムはデモ盤で、現在は入手不可能になっていてもう聴くことはできないだろうと思っていました。が、ネットは便利なもんですネ。

その幻のアルバムをGroovesharkで見つけることができました。
こちらで聴くことができます。このときのリードシンガーはMartin Readでした。当時のメンバーもGregとAndy以外、すべて脱退しています。
From the River to the Sea

アルバムアートワークはこちらでわかります。
Cover

このサイトはフリーでいろいろな音楽が聞けて便利なので、もっと使ってみたいですね。

今では廃盤になっているBardも聴けるんです(^^
Bardはこちらです。
Bard

EE Partt 1、アナログ盤がBurning Shedでプレオーダー

Big Big TrainのEnglish Electric Part Oneのアナログ盤が、Plane Groovyから限定でリリースされましたが、Burning Shedでもプレオーダーできるようです。

詳細は以下のページで。日本円で2100円ですから、アナログとしては安いんでしょうかねー。
English Electric Part 1 (double vinyl preorder)

気になっていたボーナストラックですが、Side4にKingmakerとVictorian Brickworkが入っているようです。

トラックリスト
Side 1:
1. The First Rebreather (8.32)
2. Uncle Jack (3.49)
3. Winchester From St Giles' Hill (7.16)

Side 2:
1. Judas Unrepentant (7.18)
2. Summoned By Bells (9.17)
3. Upton Heath (5.39)

Side 3:
1. A Boy In Darkness (8.03)
2. Hedgerow (8.52)

Side 4:
1. Kingmaker (10.31)
2. Victorian Brickwork (12:33)

クレジットされているミュージシャンです。

- Andy Poole / bass, keyboards
- Greg Spawton / guitars, keyboards, bass
- David Longdon / vocals, flute, glockenspiel
- Dave Gregory / electric guitar
- Nick D'Virgilio / drums

Additional musicians:

- Rob Aubrey / mixing, mastering
- Ken Brake / string section, double bass
- Edo Spanninga / recorder
- Andy Tillison / organ / keybords / moog
- Martin Orford / backing vocals
- Abigail Trundle / cello
- Teresa Whipple / viola
- Geraldine Berreen / violin
- Eleanour Gilchrist / violin
- Danny Manners / double bass
- Rachel Hall / violin
- Violet Adams / backing vocals
- Lily Adams / backing vocals
- Jon Truscott / tuba
- Dave Desmond / trombone
- Ben Godfrey / cornet
- John Storey / euphonium
- Jan Jaap Langereis / recorders
- Verity Joy / backing vocals
- Sue Bowran / violin
- Daniel Steinhardt / electric guitar


DPRPoll 2012、結果発表

1月末にネットでの投票が締め切られ、投票し忘れてしまった2012年のDutch Progressive Rock Pageの投票結果が発表されました。今年は早かったなぁ。

結果はこちらで。
DPRPoll 2012

Big Big TrainのEnglish Electric, Part One、アルバム部門の1位に輝きました。

1位から10位までを見てみると、こんな結果になっています。
1 Big Big Train English Electric (Part One)
2 The Flower Kings Banks Of Eden
3 Marillion Sounds That Can't Be Made
4 Anathema Weather Systems
5 Rush Clockwork Angels
6 echolyn echolyn
7 Änglagård Viljans Öga
8 Neal Morse Momentum
9 Steve Hackett Genesis Revisited II
10 Flying Colors Flying Colors

プレーヤー別では、
ギタリスト
1.Steve Hackett
Dave Gregory(ex-XTC、Big Big Train)が8位にランクイン。

ベーシスト
1.Geddy Lee

キーボーディスト
1.Neal Morse

ヴォーカリスト
1.Steve Hogarth
2位にDavid Longdonがランクイン。これはすごい。。

ドラマー
1.Neil Peart
2位にNick D'virgilioががランクイン。

他の結果はウェブサイトで詳しく見ることができます。
Big Big TrainのEE Part Oneはアルバム全体で多くの票を集めたように思います。

English Electricはダブルアルバムで、今年3月にリリース予定のPart Twoで1つのアルバムになります。
さて、今度はどんなアルバムになっているのやら。

Favorite Trackで10位に入ったThe First Rebreatherを聴いてみたい。アルバムの1stトラックです。

EE Part One、アナログ盤をリリース

少し前に話題になっていたのですが、English Electric, Part OneはCDリリース後、Vinyl(LP)でリリースされることになりました。もうLPが聴けるオーディオを持っていないので、おそらく数少ないアナログ盤を入手するのはあきらめました。大きいジャケっていいですよねー。しかもボートラつき。。

ちなみにLPはPlane Groovyというところが扱っています。
Plane Groovy

Greg、AndyとDaveがLPを持っている写真があります。

EE Part One Vinyl

該当の記事は見つかりませんでした。