FC2ブログ

~*~大大列車は行く~*~

狭く、浅く好きな洋楽のことを書いています。 Big Big Trainの情報の更新をしていきます。
MENU

Cosmografのヴィデオ・レビュー

YouTubeにCosmografのィデオ・レビューがアップロードされています。以前にも紹介したアルバムですが、
Big Big TrainのGregが1曲にベースで、Nickがドラムスでゲスト参加したアルバムです。Video Reviewはこのアルバムのレビューが第200回という記念すべきアルバムレビューになったようです。



詳しくはLiveProgのウェブサイトに載っています。
Live Prog

こちらはタイトル曲です。
Cosmograf - The Man Left In Space

スポンサーサイト



English Electric Part 2、Plane Groovyからアナログ盤リリース

少し先の話ですが、EE Part 2も、Part 1と同様にPlane Groovyからアナログ盤のダブルアルバムとしてリリースされることが決まったようです。
リリースは9月23日、DISC4に新曲3曲を加えた形となります。まだこの3曲については曲名など発表はありませんが、
アナログ盤リリースと同時に、3曲がダウンロード購入出来る予定です。

English Electricは、ダブルアルバムとして今年の年末か少し前に2CDがリリースされ、そのときに新曲3曲のみのEPも発売する予定があるようです。新曲があるということで楽しみです。

また、うっかり見落としていたのですが、English Electric Part OneとPart Twoともに、ディスクユニオンから帯・ライナー付国内盤が出ていました(Part Twoは4月24日にリリース予定です)
ストアに国内盤の情報があります。
イングリッシュ・エレクトリック: パート2
イングリッシュ・エレクトリック(パート1)

パート1のほうは在庫切れ状態なので、よくわかりませんが、輸入盤より国内盤がほしい方にはわりと良心的な価格です。BBTは、公式サイトで非常に安いお値段で輸入盤を販売しているし、Bandcampからダウンロード購入はその半額くらいの安さです。インディペンデントのバンドが、多くの人に自分たちの音楽を聴いてもらってCDやアナログ盤を買ってもらうためには、安く提供する、というのも1つの手段ですね。お財布が助かります。実際、私が予約注文したときは新譜が送込1360円ほど、ダウンロードが600円ほどでした。DUの国内盤は、国内のオンラインストアの輸入盤よりも少し安くなっているので、入手できればいいなと思ってます(^^; 

ひょっとしたら・・・BBTの国内盤なんて、レアになるかもしれませんしねー。ありえないか。

フォト

Nick D'virgilio、David Longdon、Dave Gregoryの3人がEE Pt Oneのアナログ盤にサインしている写真があったので、載せてみます。(FBより)私もサインがほしい。

Nick, signing the album

Signing the album 

あと、Classic Rock Society誌で、3ページの特集があったのですが、メンバー6人全員のモノクロ写真が載っていました。こちらもアップしてみます。

Big Big Train CRS

該当の記事は見つかりませんでした。