FC2ブログ

~*~大大列車は行く~*~

狭く、浅く好きな洋楽のことを書いています。 Big Big Trainの情報の更新をしていきます。
MENU

DPRPoll 2013の結果発表

オランダのプログレッシヴ・ロックサイト、Dutch Progressive Rock Pageのネット投票によるベストアルバムなどが先日発表されていました。

以下、アメブロに書いたこととダブりますが(笑)、Big Big Trainを中心に結果を見ていきたいと思います。

●ベストアルバム(10位まで)

1位 Steven Wilson The Raven That Refused To Sing (And Other Stories)
2位 Spock's Beard Brief Nocturnes And Dreamless Sleep
3位 Fish A Feast Of Consequences
4位 Riverside Shrine Of New Generation Slaves
5位 Haken The Mountain
6位 Big Big Train English Electric (Part Two)
7位 The Flower Kings Desolation Rose
8位 Ayreon The Theory Of Everything
9位 Sound Of Contact Dimensionaut
10位 Magenta The Twenty Seven Club

Big Big Train、EE Part 2が6位にランクイン。The Flower Kings、Magentaが10位内に入っていることもうれしかったです。

●ベストトラックス Steven Wilson、Fishに続いて、Big Big Trainがランクイン。
●ベストトラック
1 Steven Wilson The Watchmaker
2 Steven Wilson Luminol
3 Steven Wilson Drive Home
4 Big Big Train East Coast Racer
5 Steven Wilson The Raven That Refused To Sing

1位から5位まで、ほぼSteven Wilsonだったのですが、4位にEast Coast Racerがランクイン。Part 2ではいちばん好きな曲なのでうれしかったです。

●ベストアートワーク

1 Mark Wilkinson Fish /A Feast Of Consequences
2 Lasse Hoile     Steven Wilson /The Raven That Refused To Sing (And Other Stories)
3 Silas Toball     The Flower Kings /Desolation Rose

Mark Wilkinsonは、初期マリリオンのアートワークでおなじみ、Satelliteのアートワークも1枚手がけています。Silas Toballは、Agents of Mercyでも知られています。

●ベストヴォーカリスト David Longdon、1位でした(^^ 2位はFishでしたね。
1 David Longdon Big Big Train

●ベストギタリスト 2位は現在Transatlanticでツアー中のRoine Stolt。
1 Guthrie Govan    Steven Wilson

●ベストキーボーディスト
1 Andy Tillison The Tangent

●ベストドラマー 2位がNick D'virgilioでした。
1 Marco Minnemann Steven Wilson

●ベストベーシスト 2位はJonas Reingold(The Flower Kings,Karmakanic)。
1 Nick Beggs     Steven Wilson

ほかにうれしかったのは、Biggest Happeningで、Camelが復活し、ツアーを行ったことが1位になっていたことです。

DPRPollの詳しい結果は↓で見ることができます。YouTubeの音源も少し載せています。
DPRPoll 2013

Big Big Trainは昨年のEE Part 1のようにアルバム部門で1位を獲得することはできませんでしたが、よい結果でした。EE Part 2とEE FLPの2つに票が分かれたことが少し残念かな。私は、PROG誌のときにPart 2に投票したら、FLPが選ばれたので、今回はFLPに投票したら、Part 2がランクインするというちぐはぐさwww 1年に同じ曲を含むアルバムを2枚出すのはやめてくださいねー。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。