FC2ブログ

~*~大大列車は行く~*~

狭く、浅く好きな洋楽のことを書いています。 Big Big Trainの情報の更新をしていきます。
MENU

Grand Tour、届きました~

Big Big TrainのGrand Tour、輸入盤のほうですが、予約注文していたせいか、17日リリースが18日にはもう届いていました。ガーデンさんにはもっと早く入荷していましたね。国内盤は紙ジャケというものの、輸入盤はブックレットが分厚いですね(*’U`*)。このレコーディングにRobin Armstrongは参加していないので、ツアーの時だけのサポートなのかなーと思います。彼も春にアルバムが出ているので、忙しかったのかもしれませんね。代理かどうかわかりませんが、David、Rikard、それにNickもキーボードで参加している曲があります。あと、発表されている曲では、Theodora in Green and Goldで、Nickが作曲に加わっています。1度聴いてみた限りでは、Roman Stoneが印象に残りました。

Arielという曲はDavid Longdon作で、ロマン派の詩人Percy Bysshe Shelley(パーシー・ビッシュ・シェリー)がローマで特注した帆船Ariel(エアリアル)に乗り、リヴォルノからレーリチへの帰途についた数時間後、ヴィアレッジョ沖で突然の暴風雨に襲われ、船が沈没し、発見されたときは息がないばかりか、身元確認も困難なほど無残な水死体となっていた(Wikiより)という事実に基づいて作られた曲で、これも長い組曲となっています。 これもWikiよりですが、「ローマの墓石の表面には、Cor Cordium(ラテン語で心の心の意味)とシェリー生前の愛誦句が刻まれた。 Nothing of him that death fade / But doth suffer a Sea-change / Into something rich and strange (ウィリアム・シェイクスピア『テンペスト』より)」」が墓碑銘として刻まれたようです。
下の画像を見つけましたが、こんなものだったのですね。Arielは、精霊の名前と帆船の名前の両方が偶然に同じだったことからつけたのでしょうか。 

nothing-of-him-that-doth-fade-but-doth-suffer-.png


(注)Davidによると、この曲を書くにあたって、最初はウイリアム・シェイクスピアの『ザ・テンペスト』に登場するスピリット(精霊)のArielが大嵐を引き起こした存在にインスピレーションを得て、同時代の詩人シェリーがヴィアレッジョ沖で暴風雨におそわれ、死亡し、葬儀に詩人のバイロンが参列したことなども加え、ストーリーを考えていって、組曲として完成させ、このアルバムではいちばん長い曲となったようです。

ベルアン盤は今月中に届けばいいなーと今から心待ちです

スポンサーサイト



Big Big Trainのトレイラー、他YouTubeを使った配信イベント関連の話題

ようつべにGrand Tourのトレイラーがアップされましたね。
Grand Tour by Big Big Train


今年10月、11月にはUKツアーが待っているBig Big Trainですが、ひょっと昨年のローレライの映像を見つけました(^^ 
懐かしいですね。今回のアルバムではNickが3曲の楽曲作りにかかわっているようで、Theodora in Green and Goldでは、
途中からメインヴォーカルをNick、バッキングヴォーカルをDavidという形もとっていました。

Big Big Train - Night of the Prog - Loreley - 13 Juillet 2018


☆★☆★☆

上記とは関係ない「配信イベント」のお知らせです。
以下、Amebaブロガーのjustinさんのブログに書かれていますが、12時間プログレ漬け Vol.8を6月2日(日)の午前10時頃から、3時間ずつくらいで行う予定です。リクエストの締め切りは、5月26日です。

justinのプログレシッブロックでタイなブログ
タイとプログレについて徒然なるままに

配信イベント 12時間プログレ漬け Vol.8 <プログレおもちゃ箱>リクエスト募集!
2019-05-07 21:56:30
テーマ:プログレ

こんばんは
いつもお世話になっております。
また、配信イベント「12時間プログレ漬け」のVol.8を開催したいと
思います。NHK FMのプログレ三昧に触発されて開催するようになった
イベントですが、NHKの方はこのところ開催されたおりません。
是非、NHKの方もまた開催して頂きたいと思います。
創世記プログレの曲を聴きたいと思われ方、新世紀プログレの
曲を聴いてみたいと思われる方、その他、どうぞリクエストをお願い
します。

リクエスト・フォームが下記にありますので、これに記入して
メッセージにてお送りください。
コメントにても結構です。
宜しくお願いします。


リクエスト募集期限   5月26日日曜日締切
イベント開催日     6月2日日曜日くらいの午前10時からを予定しています。
            
配信方法       You Tubeによる配信
配信アドレス     只今、準備中です。近日中に公開します。
選曲         YouTube他動画サイト等
    (※ 私のライブラリーも含めて無い音源については、かけられない場合があります。)


配信リクエストフォーム

NO.    曲   目     アーティスト名     国名   URL
---------------------------------------------------------
 1 
 2   
 3  
 4

 .
 .
※ 曲数に制限はありませんので、お好きなだけ記入してください。

(例)

配信リクエストフォーム

NO.   曲   目   アーティスト名   国名    URL
------------------------------------------------------
 1  Roundabout    YES        イギリス
 2  

Part1からPart4まで、4人でリクエスト曲を選んでだいたい1パートが3時間くらいにするのですが、リクエストがこないとあせってしまいますorz 人の都合もいろいろあるでしょうけど、それはわかりますけどね。早めにポツポツとすすめたいです。ぜひ、みなさんにもご協力していただけたら、と思っています。

justinさんがイントロだけ入れてアップされたものが↓です。

プログレ漬けVol-8CM1


☆★☆★☆

最近のBig Big Trainのフォト、FBで見つけましたw ん?1人いない^^

Big Big Train - May 2019





Grand Tourより、Theodora in Green and Goldがアップロード

Big Big TrainのGrand Tourより、Aliveに続いて、2曲目がアップロードされました。公式サイトではSpotifyでアップロードされていたのですが、そちらはなぜか再生できず。しばらくして、つべにもアップされました。
こちらをどうぞ。 Theodora in Green and Goldです。

Grand Tour. ベル・アン盤が5月25日にリリース(対訳、ボートラつき)

Grand Tourの国内盤が出るという話をノエルかえるさんのコメントで知ったのですが、詳しいことが発表されましたね。ライナーだけじゃなくて、対訳もつくようです。ライナーは本間さんでしょうか。。

以下、その引用なのですが。
5月25日発売
BIG BIG TRAIN
Grand Tour

定価:¥3,500 + 税
プログレッシヴ・ロック
歌詞・対訳・解説付

紙ジャケット
高品質SHM-CD
※ボーナス・トラック1曲追加!

1990年結成の英国シンフォニック・ロック・バンドの、実に12作目のスタジオ作。イエスやジェネシスをお手本としながらも彼ら独自の繊細な抒情と緻密なアレンジを加味した独特の作風を築き上げた、今や英国シンフォの重鎮。今回は17~18世紀に、英国の富裕な貴族の子弟が学業の終了時に行ったという大規模な国外旅行をモチーフとした作品。聴く者の心の琴線に触れるピュアな抒情は他に類をみないアイデンティティーを持つ。日本盤のみ、紙ジャケ、SHM-CD、書下ろしのボーナス・トラック収録に加えて、歌詞のみならず、各曲の詳細な解説からなる7インチサイズ(170x170mm)の日本語版カラーブックレット付!

grand-tour-BBT.png

曲名

1. ノヴム・オルガヌム Novum Organum
2. アライヴ Alive
3. フィレンツェの人 The Florentine
4. ローマの石 Roman Stone: パート1:基礎造り / パート2:繁栄 / パート3:絶頂期 / パート4: 没落 / パート5:遺産
5. パンテオン Pantheon
6. テオドラ・イン・グリーン・アンド・ゴールド Theodora in Green and Gold
7. エーリエル Ariel: パート1:来よ、此黄なる真砂に / パート2:ざわめき、音楽の調べ、素敵な歌声 / パート3:新天地 / パート4:大気の精霊 /
パート5:音楽は、やさしい音が消えた後も / パート6:カーザ・マグニ、 1822年 / パート7:ここへ来たれ、エーリエルよ / パート8:コーダ:生の勝利
8. 航海者(たびびと) Voyager: パート1:海の上で / パート2:最も遠き浜辺 / パート3:ヘラクレスの柱 / パート4:はるか彼方 / パート5:大団円 / パート6:星々の間 / パート7:家路
9. ホームソング Homesong
10. 旅の終わり Journey's End*

*ボーナス・トラック

ボートラがあるというのも気になるし、やはりこれはマストかな。マーキーから出るのは、デビューアルバムにセカンドの曲をボーナスとして入れて、対訳つきで出したあのとき以来です。紙ジャケなので、少々高くなるのはしかたないところですね。輸入盤のほうも注文しているのですが、あちらはずっと安いお値段でした。2000円ほど?Amazonでも購入できるかな。

該当の記事は見つかりませんでした。