FC2ブログ

~*~大大列車は行く~*~

狭く、浅く好きな洋楽のことを書いています。 Big Big Trainの情報の更新をしていきます。
MENU

Big Big Trainのライブが新たに追加、ほか

本日、Big Big Trainは2020年5月17日のBBT/IZZ公演の翌日、5月18日にも同じ場所でセットリストを変えてIZZとの追加公演を行うことを発表しました。
・Sun, May, 17, 2020 7:00 PM
Big Big Train / IZZ
Brook Arts Center
10 Hamilton Street, Bound Brook, NJ
・Monday, May, 18, 2020 7:00 PM
Big Big Train / IZZ (Night Two)
Brook Arts Center
10 Hamilton Street, Bound Brook, NJ

場所は同じBrook Arts Centerで、IZZのサポートも同じですが、18日には17日に演奏していない曲が演奏される予定です。

BBT 2020 0518 LIVE

また、TwitterではGreg Spawtonがベルアン盤のリリースについて言及しています。
ーーーーーーーーーーー
Very pleased to announce a new Big Big Train compilation album which is being released in Japan on the Belle Antique label. It features exclusive new cover artwork by @sarahewingart and a new track written by @NDVMusic alongside many other good things. https://bigbigtrain.com/summers-lease-compilation-for-japan/

↑のサイトでトラックリストがわかります。
Disc One

Expecting Snow (2.45)
Kingmaker (live at Real World studios) (10.51)
Wind Distorted Pioneers (4.38)
Summer’s Lease (live at Real World studios) (5.06)
Master James of St George (live at Real World studios) (6.23)
London Song
(i) Turner on the Thames (3.07)
(ii) London Plane (10.02)
(iii) Lost Rivers of London (6.00)
(iv) London Stone (2.04)
(v) Skylon (6.44)
(vi) Mudlarks (5.59)

Disc Two

Victorian Brickwork (13.04)
Judas Unrepentant (7.16)
East Coast Racer (15.44)
Curator of Butterflies (8.51)
Swan Hunter (6.45)
The Transit of Venus Across the Sun (7.19)
Don’t Forget the Telescope (6.01)
Brave Captain (12.55)

Nickの曲というのはどれなんでしょうね?

スポンサーサイト



Euro‐Rock Press Vol.84

マーキー社は、次号(2月29日)発売のEuro-Rock Press Vol.84の表紙にBig Big Trainの写真を使用、また同号でグレッグ・スポ―トンのインタビューを掲載すると発表しました。Vol.84は現在予約受付中。

Euro Rock Press 84

また3月25日発売の2CD+ツアー・プログラム(50枚限定サイン入りフォトつき)のフォトはFBで10月頃にアップされていましたが、サイン入りのものではなく、フォトのみでした。WDが販売する際につけるのはこれ↓のようです。こちらは7人のメンバーのイラストとサインがあってよいですね(*^_^*)

BBT signed Photo WD




BIG BIG TRAIN, 2020年のライブ公演、ほぼ決定

Big Big Trainの2020年のライブ日程がほぼ決定しました。以下のとおりです。
• Saturday 9 May
Rosfest, Opera House, Sarasota, Florida, USA (festival headline show)
• Monday 11 May
Opera House, Toronto, Canada *
• Tuesday 12 May
Corona Theatre, Montreal, Canada *
• Wednesday 13 May
Théâtre de la Cité Universitaire, Quebec City, Canada *
• Sunday 17 May
Brook Arts Center, Bound Brook, New Jersey, USA *
• Saturday 23rd May
Sweetwater Performance Pavilion, Fort Wayne, Indiana, USA **

• Thursday 16 July
Friars, Aylesbury, UK ***
• Saturday 18 July
Ramblin' Man Festival, Kent, UK (festival headline show)

• Monday 20 July
Stadstheater, Zoetermeer, The Netherlands **
• Tuesday 21 July
Lichtburg, Essen, Germany **
• Thursday 23 July
Konzerthaus, Karlsruhe, Germany **
• Friday 24th July
Phenomenon, Fontaneto D'Agogna, Milan, Italy **

* Supported by IZZ
** Supported by Robert Berry's 3.2
*** Supported by Lazuli

これを見ると、ありえるかもと思っていたBBT/IZZの公演、やはりカナダの3公演と米国での1公演になっています。それと、Lazuliがサポートするのは、Ramblin' Man Festivalではなく、その前に行われる Friars, Aylesburyでのライブですね。ヨーロッパツアーは、Robert Berry's 3.2(ロバート・ベリーによる「スリー・ポイント・トゥー」というプロジェクトらしいです)が最後のイタリア、ミランでの4公演までと、5月23日の米インディアナ州、フォートウェインのサポートにも入っていますね。

BBTより2月のニュースレターも届いたので、また読んでみたいと思います(=^_^=)


The Passengers Club、その他

FBでも説明があり、動画もあったので見てみると、有料の会員制クラブということのようですね。アルバム制作や、ツアーを行うのにお金がたくさんかかるので、ファンに負担してもらう、というのはミュージシャンやバンドがよくやっていることです。1年£30,2年£50ですから、2年間会員になると、1年当たり約3,700円を支払うことになります。
こちらで確認できます。
The Passengers Club

それとは別に今日驚いたのは、ワールド・ディスクさんが3月25日にBBTの2CDとメンバー全員のサイン入りGrand Tourのツアー・プログラムをつけて、ワールド・ディスク限定で、国内先行発売するということですよ。ベル・アン盤なので、お値段も高めと、商魂たくましいです。このツアー・プログラムは英国のThe Merch Deskで取り扱っていたものと同じだと思いますが、とても分厚くて、豪華なものです。

Big Big Train 2020

以下、マーキーさんの解説です。
BIG BIG TRAIN (ビッグ・ビッグ・トレイン / サマーズ・リース(BBT ブリティッシュ・コレクション) ('20)
5,800円(税込6,380円)

結成30周年を記念して日本のファンの為に企画されたビッグ・ビッグ・トレインの特別編集盤。英国にまつわる名曲を選りすぐったばかりでなく、「ロンドンの歌」等初CD化音源、新緑ヴァージョン、未発表音源等を加えた彼等の魅力をたっぷりと紹介するアルバム。カヴァー・アートは「フォークロア」等のカヴァーを手掛けたSarah Louise Ewingsによる描き下ろし作。これを聴かずして現在のプログレッシヴ・シーンを語ることなかれ!完全日本先行、紙ジャケット、歌詞、対訳付!

※こちらは、ワールド・ディスクのみの、直輸入、超豪華フルカラー72p、バックカバーにメンバー7名全員のサイン入り「Grand Tour」ツアー・プログラムがついた、限定スペシャル・セット!(50部のみ) バイオグラフィー、ディスコグラフィーも充実、プログラムの枠を超えた、ファン必携の「BBT本」です!

BIG BIG TRAIN /IZZ、米国ニュージャージー州バウンド・ブルックでも公演

Big Big Trainは、カナダでの公演後、米国ニュージャージー州バウンド・ブルックのBrook Arts Centerにて、2020年5月17日日曜日 19:00〜23:30 EDTに、公演を行うことも予定されているようです。このライブは、BBT/IZZの2バンド出演ということなので、ひょっとしたら、カナダの3公演と米国バウンド・ブルックでの公演、全部BBTとIZZということもありえるかも?です。
それか、13日のケベックと17日の2日間ですね。

TFKがロンドン公演を行ったときは単独ではなく、Rikard Sjöblom(Rachel Hallもこの時はゲストで出演)、それにiamthemorningがサポートで、リカルドはTFKのヨーロッパツアーの際もサポートで演奏しています。アメブロにロンドンのライブを見に行かれた方が写真を撮っていたので、ちょっと拝借します。

Rikard and Rachel



2020年のカナダ公演、追加

既に、RoSFestのほか、カナダのケベックでIZZをサポートに公演が決まったBig Big Trainですが、新たにカナダでの公演が2つ追加されたようです。
Monday 11th May - The Opera House, Toronto
トロント、The Opera House
Tuesday 12th May - Corona Theatre, Montreal.
モントリオール、Corona Theatre
これに続いて、ケベックで13日のIZZとのライブが行われる形ですね。

米国のほうはRoSFestのみ発表されていますが、今後少し増えるんじゃないでしょうか。英国に戻っての公演は7月からなので、気候のよい(?)5月にもう少しあるとよいですね。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

BBT、5月にカナダでIZZをサポートに公演

先ほど、入手した情報です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
IZZ
@izzmusic
1月30日
IZZ is so pleased to share that we will be supporting the amazing and legendary @bigbigtrain in #QuebecCity on Wed., May 13. Tickets at the link below. #prog #progrock
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Twitterからですが、Big Big Trainは5月13日にカナダ、ケベックで、2019年にすばらしいアルバムを出している米国のバンド、IZZをサポートに公演を行うことが決まったようです。7月にはフランスのLazuliをサポートに公演がありますよね。どちらもよいバンドなので、撮影許可なら映像が見られたらな、と思います。

それとノエルかえるさんからもご質問があったThe Passengers Clubという会員制のグループですが、今のところ2月14日からということしか詳しいことはわかりません。誰でも入れるファンクラブのようなものかと思っているのですが、まだはっきりしません。もう少し情報が集まれば、ここにも書いてみようと思います。

ついでですが、IZZの昨年のアルバムより。
Moment of Inertia 




該当の記事は見つかりませんでした。