FC2ブログ

~*~大大列車は行く~*~

狭く、浅く好きな洋楽のことを書いています。 Big Big Trainの情報の更新をしていきます。
MENU

David Longdon、The Best Male Vocalist受賞

今年、3月2日にThe Classic Rock Society主催のThe CRS Awardsが開催されました。Classic Rock Societyは91年に結成されてから、雑誌の発行や、CRS主催のギグを行うという形でアーティスト、バンドのサポートを続けてきましたが、経済的な事情から、この3月のAwardsが最後となってしまうようです。登録者の減少、音楽業界の衰退も理由かもしれません。4月からは登録をキャンセルし、これまでの登録者については登録料の返金を行っていくようです。雑誌とともにフリーサンプラーも長く出していたので、残念ですね。私の記憶では、ネオ・プログのバンドがよく評価されていて、一時IQとFrost*、それにArenaのベースをしていたJohn Jowittは10年くらい連続でベスト・ベース・プレイヤーになったことがあります。IQではPeter Nichollsもベスト・メイル・ヴォーカリストに選ばれたことがあり、賞は一度ももらったことがないと喜んでいました。90年代から2000年以降に活躍してきたバンドが評価されてきて、最近Big Big Trainも高く評価されるようになりました。2009年にDavid Longdonが3代目のシンガーになってから10年になりますね。
それで、今年もDavid Longdonは投票で1位に選ばれましたが、その写真があったので、最後の記念に載せておきます。

CRS Awards Male Singer 2018
女性ヴォーカリストは、MagentaのChristina Boothが受賞しました。Best BandもMagentaでした。CRS Awardsには"Best Lyricist" というのがあるのですが、これは楽曲のなかで歌詞を高く評価されたミュージシャンに贈られます。今年の受賞者はThe TangentのAndy Tillison、Christinaといっしょに映っている写真がありました。
Christina Booth and Andy Tillison CRS Awards 2018
ベスト・ギタリストは、スティーヴ・ハケット、ベスト・ベース・プレーヤーはニック・ベッグス、ベスト・ドラマーはCraig Blundell(クレイグ・ブランデル)、ベスト・キーボード・プレイヤーはクライブ・ノーランでした。
PROG誌も雑誌を発行している会社が倒産し、存続が難しくなっていた時期がありましたが、今なんとか続いているようです。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://edith0808125.blog.fc2.com/tb.php/143-3edc1578
該当の記事は見つかりませんでした。