FC2ブログ

~*~大大列車は行く~*~

狭く、浅く好きな洋楽のことを書いています。 Big Big Trainの情報の更新をしていきます。
MENU

Big Big Trainの新作、5月17日にリリース

ついにカウントダウンが終わり、新作発表について明らかになりました。タイトルは、「Grand Tour」です。同じ名前のバンドもいますが、そちらもいいバンドです(笑) リリースは、5月17日。Burning ShedやThe Merch Deskでプレオーダーがはじまりました。

grand-tour-BBT.png

トラックリストも発表されています。
1. Novum Organum (2.33)
2. Alive (4.31)
3. The Florentine (8.14)
4. Roman Stone (13.33)
5. Pantheon (6.08)
6. Theodora In Green And Gold (5.38)
7. Ariel (14.28)
8. Voyager (14.03)
9. Homesong (5.12)

バンドは2017年に発表したアルバムで「イギリスの風景やその土地で働く人々、そして民間伝承の物語」を表現することから、次の段階へと動いて、17世紀から18世紀にかけて世界中を旅をして見識を深めた若い男女の物語にインスピレーションを得た話を音楽にしたようです。

Nick D'Virgilioによると、「イタリアのルネサンスの天才、Leonardo da Vinciの遺産にインスパイアされた曲、ローマの盛衰を語った曲や、ラヴェンナの美しいモザイクを語った曲、そしてイタリアの海岸沖の嵐で失われた、偉大な詩人の乗った難破船について語った曲がある」とのことです。
David Longdonは「Grand Tourは、人間が体験したこと、科学と芸術、そして生きていることの意味を祝うアルバムだ」、と付け加えています。

プロモがアップされるのが楽しみですね。早速予約注文してしまいました。

スポンサーサイト



6 Comments

ノエルかえる says...""
こんにちわ、
楽しみですね、 
これまでとは、違っているのですね、
2019.03.27 21:33 | URL | #Io.7.6BE [edit]
エディス says..."Re: タイトルなし"
ジャケもそうだし、英国にこれまでこだわってきたのを古代ローマに広げた感じがします。元々、ストーリーテリングがうまいバンドなので、楽しみです。
2019.03.27 22:07 | URL | #- [edit]
ストレンジ says..."こんばんは"
こちらfc2にもブログ開設していたのですね
私もこちらにヤフブロの前の記事保管しています。
ふと思ったのですがイタリアのローマをアルバム名にしているので音の方もイタリアプログレ風だったりするのかも、そんなわけないか..😐
2019.03.29 23:18 | URL | #- [edit]
エディス says..."Re: こんばんは"
> 私もこちらにヤフブロの前の記事保管しています。
> ふと思ったのですがイタリアのローマをアルバム名にしているので音の方もイタリアプログレ風だったりするのかも、そんなわけないか..😐

こちらは、Big Big Trainとそのメンバー関連の話題しか書いていないので、更新も遅くてノエルかえるさんやふじやんさんが時々
コメントくださるくらいです。元々はといえば、WDの中島店長のブログを読むためにここにしましたw BBTは英国のメロディック・シンフォといわれるバンドなので、イタリアンプログレ…は、イタリア語でもないし、どーかなぁと思います。まだ音聴けないのでわかりませんv-236 こちらにヤフーブログを引っ越しされているんですね。ヤフーブログ使ってた人は大変ですね。
2019.03.30 10:13 | URL | #- [edit]
ノエルかえる says...""
こんにちわ、
ベル・アンティークの日本版には、日本語のブックレット付きとありますが、
オリジナル版には、ブックレットは付くのですか? ( 英語でしょうけれど )
2019.04.22 22:58 | URL | #Io.7.6BE [edit]
エディス says..."Re: タイトルなし"

> ベル・アンティークの日本版には、日本語のブックレット付きとありますが、
> オリジナル版には、ブックレットは付くのですか? ( 英語でしょうけれど )

おはようございます。ベルアン盤もでるのですか?対訳つきだといいですね。
よく輸入盤に帯とライナーだけつけたものもあります。でも…ほしいな。
オリジナルもブックレットはつくと思います。以前は(Bardとか)歌詞もないものが
ありましたが、当時は売れてなくてそこまでできなかったのでしょう。
なんといっても、UK TOUR前に出す新作で、20年にはカナダ、アメリカ、ヨーロッパでの
公演も予定しているらしいですから。
2019.04.23 08:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://edith0808125.blog.fc2.com/tb.php/144-7f66d351
該当の記事は見つかりませんでした。