FC2ブログ

~*~大大列車は行く~*~

狭く、浅く好きな洋楽のことを書いています。 Big Big Trainの情報の更新をしていきます。
MENU

FolkloreのBandcamp

今日リリースされたFolkloreのアルバムは、Big Big TrainのBandcampで試聴できるようになりました。
今回もすばらしい出来になっています。まだ1回聴いたきりで、CDも届いていないので、届いたらもっと聴きこみたいですヾ(・∀・)ノ

Bandcampは↓です。



Folklore

先日来日公演を行ったCamelのAndy Latimerはインタビューで、英PROG誌が毎月送られてくるが、最近のバンドで知っているのは、PENDRAGONとか、BIG BIG TRAINくらいで、ほとんど知らないと答えていましたが、Andyに知られているってすごいです(笑)

Big Big Train@

スポンサーサイト



2 Comments

ノエルかえる says...""
こんにちわ、
一度聴きました、今、繰り返している所です。
第一印象は、混沌として濃密です。 
『イングリッシュ・エレクトリック』の様な壮大な見晴らしではなくて。
構成も難解と言うか、何層も積み重なっているみたいで。
視覚的なイメージに翻訳すれば、
大樹の根、太いものや細いものが、無数に絡み合って、巨大な球体になっている、と言う様な。
ああ、古い墓を開けて、砕けた骨格の中に、柔らかい土や虫や虫の幼虫が入り込んで、一体化した塊になっているのを見た様な、その土の匂いも、そんな感じでしょうか。 
しばらく、没入しそうです。
2016.05.29 16:38 | URL | #Io.7.6BE [edit]
エディス says..."Re: タイトルなし"
> こんにちわ、
> 一度聴きました、今、繰り返している所です。
> 第一印象は、混沌として濃密です。 
> 『イングリッシュ・エレクトリック』の様な壮大な見晴らしではなくて。
> 構成も難解と言うか、何層も積み重なっているみたいで。
> 視覚的なイメージに翻訳すれば、
> 大樹の根、太いものや細いものが、無数に絡み合って、巨大な球体になっている、と言う様な。
> ああ、古い墓を開けて、砕けた骨格の中に、柔らかい土や虫や虫の幼虫が入り込んで、一体化した塊になっているのを見た様な、その土の匂いも、そんな感じでしょうか。 
> しばらく、没入しそうです。

こんばんは、ノエルかえるさん。

私はまだCDが届いてなくて、Bandcampで聴いただけです。今月中に届くかな?
『イングリッシュ・エレクトリック』がBBTにとってこれまでの集大成のようなアルバムになっていたので、
今後どういう方向に進むのかなぁ?という感じもありました。
ストーリーテリングのうまいバンドなので、聴きこめば聴きこむほどよさがわかるような気がしています。
1回聴いたかぎりでは、いちばん長い曲“Brooklands”がツボでした。世界水上速度記録をねらったものの、失敗して死亡したイギリスのレーサー、ジョン・コッブ(John Cobb)のエピソードを歌っています。
最後の牧歌的なTelling the Beesもよいですね♪ 
2016.05.29 22:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://edith0808125.blog.fc2.com/tb.php/74-a7350c67
該当の記事は見つかりませんでした。