FC2ブログ

~*~大大列車は行く~*~

狭く、浅く好きな洋楽のことを書いています。 Big Big Trainの情報の更新をしていきます。
MENU

Telling the Bees、アップされました

9月初めに、英PROG誌のProgressive Music Awardsで、ファン投票により2部門(バンド部門とライブ部門)を受賞したBig Big Trainが、自分たちに投票してくれた人たちへ感謝したい、とFolkloreのアルバムから最後のTelling the BeesをYouTubeにアップしてくれました。スタジオでのライブ演奏が見られますヾ(・∀・)ノ



この曲はDavid Londonが作ったもので、国内盤では『蜜蜂占い』と邦題がついています。リカルドがアコーディオンを演奏していますが、その音色が哀愁があっていいのです。Beardfishのほうはどうなるのか、結局解散するのかわかりませんが、この人はマルチミュージシャンなので、ずっと音楽を続けてほしいし、Big Big Trainのメンバーであってほしいです。スウェーデン語の名前はいまだ雑誌によってまちまちでよくわからず 笑 タイトル名や映像からわかるように、養蜂を親から子に、その子が大人になれば、またその子どもに代々伝えていくというフォークロアを歌った曲です。この曲でも、デヴィッドの歌唱力はさすがです。

Rachel Hall

それと、Stone and Steel(Blu-ray)で見られた1stアルバムの最初の1曲を、レイチェル・ホールがヴァイオリン、ダニー・マナーズがピアノ、デヴィッドがリードシンガーで、残りのメンバー全員がバッキング・コーラスで歌うという斬新なアレンジがありましたが、あれも見事。このメンバーはMoon Safariのような若々しさはないけど、落ち着いたコーラスワークを聞かせてくれます。メロディ主体なのも好みです。

2017年には、ブログで「Bardにさようなら」と書いたGregory Spawtonが、ファンの強い要求に負けたのか、ついに限定でBardをリマスターすることを決めたようです。おおお。あれ、4ページのブックレットで、歌詞すら載ってなくてペラペラだったんですよねぇ。なので、限定盤で、現在のラインナップで出すなら、買います 笑 ホントにね一時は絶対にもうあり得ない、と思ってましたから^^

自分がアップした音源ですが、Bardから出ているのがなかったので。Gregory Spawtonさんには曲をYouTubeにアップしたいのだが、してもかまわないですか?とメールしたら、OKと返事がきたので、アップしました。今はFBにファンとのグループができてるんですが、当時はGregもまだFB使ってなかったですね。



タイトルどおり、ヘイスティングスの戦いで敗れた最後のアングロサクソン系イングランド王、ハロルド2世((Harold II, 1022年 - 1066年10月14日))のことかなと思います。歴史好きのGregらしいネタです。 このメンバーで残っているのは、今やオリジナルメンバーの2人のみです。でも、歌メロだし、コーラスワークもあって、悪くないです。ギターをGreg、ベースをAndyが弾いてます。歌っているのは主にkey,pianoのTony Müllerさん。

私はIQファンだったので、同じIQのレーベルからMartin Orfordプロデュースの新人バンドがでた、ベルアン盤も!というのでBBTのことを知ったのが最初です。なんとなく聴き続けてThe Underfalll Yardで一気にファンになってしまいました 笑 Davidはその前にMartinの2枚目のソロアルバム(引退アルバム)で2曲歌ったのがきっかけで、BBTに入ることになったんだと思います。Davidさえ最初はBBTの存在を知らなかったらしいのですが、彼が入ったことでBBTはどんどん成功していくことになったんですから(もちろん、TUYには、Frost*のJem GodfreyやFrancis Dunneryとかのゲスト出演もありました)。ギターでDave Gregoryさんの参加も彼らにとっては大きな貢献ですね。

スポンサーサイト



4 Comments

Cafpino says..."朗報ですネ!"
ええ~っ、Bardがリマスターで出るなんてビックリですネ。(私も欲しいかも♪)
それにしてもEdithさん、Gregoryさんとメル友なんて、スゴいです。
最近発見したのですが、Bard、Song365でも聴けますよー。
https://www.yourmusics.me/album/big-big-train-bard-98010.html
2016.09.15 23:42 | URL | #sxn78S9w [edit]
エディス says..."Re: 朗報ですネ!"
こんばんは、Cafpinoさん。

Gregさんがあれほど再発するのをいやがっていたBardがリマスター&リイシューなんてウソみたいです^^)
それにしても、ネットではBard、全曲聴けるのですね。便利になりました。

Gregさんとメル友なんてことは全然なく、以前はGEPをやめたあと、自分たちで自主サイトを作っていたので
メールをしたら、返信をくれただけです。勝手にネットに音源アップすると、削除されちゃいますもんね。
2016.09.16 02:32 | URL | #- [edit]
ノエルかえる says..."蜜蜂レイチェル"
こんにちわ、
ビデオ見ました、とてもよかったです。
でも、レイチェルさんの衣装、あれは、蜂さんの仮装なのかなあ?? 
蜜蜂レイチェル??? 
Blu-ray、まだ見ることができてません、 

日本盤は買ってないのですけれど、「蜜蜂占い」ですか? 
どうなのかなあ?? 
養蜂家は、自分と家族の人生の節目になる様な出来事を、
蜂に報告しなければならない。しないと、蜂は去ってしまう、
と言う伝承の様なのですが。
2016.09.19 10:08 | URL | #Io.7.6BE [edit]
エディス says..."Re: 蜜蜂レイチェル"
こんにちは。

ノエルかえるさん、以前ブログでこの歌を訳されていましたよね。参考になったのでコメントいれようかと思ってるうちに
ついつい日が過ぎてしまいましたv-11
こちらがその訳詞です↓
http://noerukaerufueru.seesaa.net/article/439866983.html

レイチェルさんの衣装は、FolkloreのPVの衣装と違っているので、養蜂のイメージ?にあわせたのかなぁ、
なんて思います。他の人はふつうですが、彼女だけ違ってますもんね^^;

私もこの歌詞のなかにでてくる
Drape black cloth over the hives
というところのあと、次にサビのTelling the Beesが繰り返されると
占い、というのはあてはまらない感じします。家族に起こったことを蜜蜂に報告する
ということですね。イギリスの古くからの伝承のようです。

Blu-rayはとてもよい出来なんですが、イギリス以外ではトラブルもあったようなので
DVDと両方の形式で出してもらいたかったです。Blu-rayだから買わない、って人もいたし、残念です。

ところで、BBTの来年9月末のイギリスでの公演、もうチケットが残りわずかになってしまったようです。
1年前から販売して、こんなに早く売れちゃう、て想像できないですが…ライブ、人気あるのですね。
2016.09.19 12:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://edith0808125.blog.fc2.com/tb.php/83-6b44b35c
該当の記事は見つかりませんでした。