FC2ブログ

~*~大大列車は行く~*~

狭く、浅く好きな洋楽のことを書いています。 Big Big Trainの情報の更新をしていきます。
MENU

BBT、5月にカナダでIZZをサポートに公演

先ほど、入手した情報です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
IZZ
@izzmusic
1月30日
IZZ is so pleased to share that we will be supporting the amazing and legendary @bigbigtrain in #QuebecCity on Wed., May 13. Tickets at the link below. #prog #progrock
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Twitterからですが、Big Big Trainは5月13日にカナダ、ケベックで、2019年にすばらしいアルバムを出している米国のバンド、IZZをサポートに公演を行うことが決まったようです。7月にはフランスのLazuliをサポートに公演がありますよね。どちらもよいバンドなので、撮影許可なら映像が見られたらな、と思います。

それとノエルかえるさんからもご質問があったThe Passengers Clubという会員制のグループですが、今のところ2月14日からということしか詳しいことはわかりません。誰でも入れるファンクラブのようなものかと思っているのですが、まだはっきりしません。もう少し情報が集まれば、ここにも書いてみようと思います。

ついでですが、IZZの昨年のアルバムより。
Moment of Inertia 




Big Big Train 2020年の予定

お正月も3日終わってしまいましたが、あけましておめでとうございます。今年も拙ブログともによろしくお願いします。
まず、BBTから1月のニュースレターが届いたのでわかったことから。
2019年、BBTはProg誌のReaders' PollでBand of the Year、Male VocalistでDavid Longdonが1位となりました。Congrats! 他の部門はすべて確認できていませんが、Album部門で、Opethに続いてGrand Tourが2位、Event of the YearでBBTのUK Tourが2位となったようです。Gregさんはベーシスト部門で2位となりました。こちらもおめでとうございます(*´∀`人 ♪

少しだけFBよりフォトです。
Band of the Year
Prog Readers Poll 2019 Band of the Year


Male Vocalist of the Year
Prog Readers Poll 2019 Male Vocalist of the Year

ちなみにFemale Vocalist部門では、Marjana Semkina(iamthemorning)が1位、Key部門でもGleb Kolyadinが1位と強かったですね。彼らは9月~10月にかけてツアーを行い、アルバムの出来だけではなく、ライブでのパフォーマンスも評価されたんでしょう。Marjana(Mariana?)さんは2月14日にデビュー・ソロをリリース予定です。

話をBBTに戻しますと、2020年にはDavid LongdonがJudy Dyble(肺がんという話ですが)と、アルバムをリリースということですが
まだどのようなものか確認できていません。Nick D'virgilioはソロアルバムをリリースする予定。2020年のツアーに関しては、すでに
決まっているところで、5月に米国フロリダでRosFestに出演、これに続いて米国やカナダでいくつか公演も考えているようですが、場所等はまだ未定。その後、7月に英国バッキンガム州のFriars Aylesburyでの公演、英国のRamblin' Man FestivalでフランスのLazuliをサポートにヘッドライナーとしてステージに立つことも決定しています。その後は、ヨーロッパ公演の予定が組まれていて、オランダのZoetermeer(ズーテルメール)、ドイツのEssen(エッセン)、Karlsruhe(カールスルーエ)での公演、最後はまだ場所は未定ですが、イタリアで2、3の公演でツアーを終えたいと考えているようです。詳細が分かればまた書き加えますね。
ツアー終了後には、The Underfall Yard のリイシューをするようです。このバンド、本当にリマスター、リイシューが多いんですねぇ。
それがすべて終了後に新作に向けて、曲作りをはじめるらしいです。

前にも書かれていましたが、Andy Poole脱退後、ライブでメンバーとなっていたRobin Armstrong(Cosmograf)は自らのアルバム制作やライブ活動のため、2020年からはBBTのライブサポートはやめることに。バンドが7人とブラスセクションで続けるか、他にサポートを探しているかはよくわかりません。Danny MannersさんだけにKeyを任せてもいいんじゃないかと思いますが。他にもマルチミュージシャンはリカルドやニックがいますしね。

ところで、とっくに届いていいはずのBlu-ray、Reflectors of Light、まだ私のところには届いていません。いろいろ私的な事情で12月はほとんど家にいなかったことはそうなのですが。そのうちに20日にVimeoでレンタルや販売が始まっていたようです。2017年のDavid、この頃は全然あごひげなかったんですねw







UK TOURの映像(短いですが)

今年の秋のツアー、映像が1つアップされているのを見つけました。といっても、とても短いものですが。。。
Big Big Train - Edinburgh Oct 2019
という、エジンバラ公演の2分に満たないものです。


Homesongという曲で最後DavidとNickは一緒に歌ってます。
後、会場の関係か、いつも前方左側にいたホーン・セクションの5人が、うしろでKeyの2人やNickと並んでいましたね。
前のほうは、Rachel、Greg、David、Rikard、Daveの5人がそのときそのときで位置を変えていた模様。
このツアー映像はこれからもアップされるかもしれないので、見つけたらここにも載せてみます(*^_^*)

REFLECTORS OF LIGHT BLU-RAY

つい先ほど、Big Big Trainの11月のニュースレターを確認しました。
それによると、彼らは12月6日に2017年のCADOGAN HALLでのライブを収録したBLU-RAYをリリースするとのこと。
タイトルはREFLECTORS OF LIGHT.、リージョンフリーのブルーレイだそうです。

BBT Reflectors of Light

トラックリスト

Folklore Overture
Folklore
Brave Captain
Last Train
London Plane
Meadowland
A Mead Hall in Winter
Experimental Gentlemen (Part Two)
Swan Hunter
Judas Unrepentant
The Transit of Venus Across the Sun
East Coast Racer
Telling the Bees
Victorian Brickwork
Drums and Brass
Wassail

Bonus tracks

The Transit of Venus Across the Sun (with reprise)
Summer's Lease (recorded live at Real World studios)

20ページのブックレット(これは写真っぽいな)に、2曲のボーナストラックつき、ということです。この2曲はYouTubeでもアップロードされているものかな。楽しみですね♪

UK TOUR終了

UK TOURが無事終了しましたね。ツアーには、スタジオアルバムには参加していなかったものの、Robin Armstrongが昨年と同じく同行していた模様です。
残念ながら、今年のツアーの映像はアップロードされていませんが、探してみようと思います。2020年には米国のRoS Fest,カナダ、ヨーロッパでの公演も予定されています。
ということで、見つけた写真のみです。

BBT at Birmingham

BBT photo live

↓のはVoyagerを演奏中のフォトです。
Big Big Train performing Voyager

映像で見てみたいですね。